SSブログ
仕事について ブログトップ

顧客満足のみを考えている会社は存続していけるのか? [仕事について]

あなたはこの事についてどうお考えですか?


もちろん会社経営をする中で重要な事と思います。私も顧客に対しての
満足は必要な事だと考えております。

会社を維持するため、もしくは大きく発展するためには欠かせない事の一つ
であります。会社にとって顧客とは切っても切れない関係にありその後を変える
存在です。

仕事 不満.jpg

私たちは、お客様がいるからこそ今の生活ができていると言ってもいいくらい
その存在は大きなものであり財産である。

確かに顧客が会社を良いものにしてくれる、存続させていただける事は多くの
方もご存じの通りだがそれだけでいいのかということにぶち当たるわけだ。

いくら大きな企業であり顧客だけでは存続はできない。
そこには働くものが存在し、日々切磋琢磨しより良いものを世の中に送り出している
事でしょう。
その成果により報酬を得て、階級や立場などの責任を果たしている。




私がこの問題に至った経緯は


社員・アルバイト雇用に力を入れず、その場しのぎの雇用形態。
お給料は、人事考課体制だが手当などが多い場合は、等級は立場が上がっても変わらず。
長時間労働。

このような問題に直面した事が、この経緯にあります。

いくら顧客が満足したとして働く者のメリットは何一つありません。
何一つと言うのは言い過ぎですね。多少のメリットは、雇用保険や社会保険などは
ありますので、常識的な範囲は問題ありません。


最近の言葉でいうと少し「ブラック企業」と言うべきなのか。


今の状態に満足しきれないのであれば退職を考えるべきなのですが
そういった話しではなくこういった企業は今後、存続していけるのかがポイント
です。

こういった考えの企業の経営者は、その後を考えているかと思えてしまうほど
不安に陥ってしまいます。

仕事 満足.jpg

働く者が100%満足し働くことは、限りなく可能性が低い事だと思います。
それぞれ生活感の違いや、企業の経営方針も違います。
ただある程度まっとうであってほしいと言う事。


働く者がいなくなれば会社は、必然的に縮小し経営自体が困難になる事を今の現状に
甘え先送りにしているだけとしか言いようがない。


どのような会社にしようと思っているのかは、経営者しだいだがこのような企業の
経営者は、自分勝手な事しかいわない気がします。


一人の社員が多くの顧客を持つことをあまり良く思わない企業もたくさんあります。
もちろんそれは納得がいきます。経営者としては退職された時のダメージはかなりの
ものがあるので多勢で平均的に収益に貢献できる者を雇用した方がリスクは低い。
こういった考えであれば、まだまっとうであると思います。
先を考えての行動であると。


働く者がある程度の満足ができず、不満だらけの企業はその先も雲行きが怪しく
なるだけです。今は良くとも今後の事も考え最悪の事態になる前に気づき顧客に
対しても、働く者に対しても満足がある企業体制を目指していく事が、世の中には
必要な企業になっていくのかと考えております。

最後まで読んで頂き有難うございます。

スポンサードリンク




仕事について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。